割安の生命保険を探すなら15社一括無料見積もりで徹底比較しましょう。現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。今まで、災害を中心とした損保までが生命保険を売り出しました。こんな中、農協や生協の生命保険もじっくり調べて生命保険の選び方を考えたいものです。従来は生保レディーや保険外交官からの勧誘・紹介で契約が主流でしたが、現在ではネットでプロFP(ファイナンシャルプランナー)による無料相談もできるようになっています。まずは生命保険15社無料パンフレット一括見積もり&生命保険見直し相談からぞうぞ♪
New Entries

生命保険15社無料パンフレット一括請求ic_pikapika.gif

プルデンシャル生命保険は米国最大級会社

プルデンシャル生命保険は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャル傘下の保険会社です。わずかな掛金で加入できる労働者保険をアメリカで初めて販売した保険会社です。日本の本社はあるプルデンシャルタワーは、大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地にあります。

さて、この生命保険会社の特徴は、何といっても生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供することです。

プルデンシャル 生命保険は、2006年週刊ダイヤモンド2/18号掲載の「生命保険会社信頼度ランキング」で、ソニー生保を抑えて1位になったことがあります。プルデンシャル・ライフプランナーは、お客様に対して真摯な対応をされるとのことで、それが評価され信頼度を高めたのでしょう。

最後にプルデンシャル生命保険へのクチコミをみてみしょう。「ライフプランナーさんの話を聞いて目から鱗でした。もっと早く知りたかった。個人に合った保険を提案してくれて、丁寧で誠実な対応でした」。購入するかどうかは個人の判断ですが、専門家の話を聞くのは大切ですね。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

生命保険の選び方はまず掛け金が安いこと

今まではそれほどでもなかったのですが、ここ最近生命保険の広告が増え続けています。これには、団塊の世代の人たちが定年退職をし、第二の人生を考える時代になってきたことがあげられます。こういった人たちの生命保険の選び方は、まず掛け金が安く、高齢者でも入れる生命保険を見つけることです。

生命保険レディーと呼ばれる、訪問販売員の女性の人が家を訪ねてくる場合があります。すぐに加入はしなくても、生命保険の選び方について販売員の女性に詳しく話を聞くことも勉強になります。ただし、自社の保険のことは詳しく説明してもらえますが、他者との比較は難しいと言えます。

生命保険の種類はますます多くなり、どの保険の種類にするかといった選び方が大切になってきました。死亡保険といわれるものには、終身保険、定期保険、養老保険があります。このほか、医療保険、介護保険、個人年金、子供保険があります。介護保険は、他の保険に付加して加入する方法がよくとられます。

女性の生命保険の選び方として、女性特有の病気を保障する生命保険を選ぶのが良いとされています。こういった生命保険では女性特有の病気に関して、通常の保険金額の2倍や3倍が保障されます。また、ガン保険についても特約として他の保険に付加するのではなく、加入したいものです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険を比較選択する方法

60歳からの生命保険に人気が出ています。団塊世代の定年退職を迎え、高齢化に向かう社会の中で今一番注目されているのが60歳から、また65歳から入れる生命保険だといえます。60歳からの生命保険を比較すると、病気入院よりも災害や怪我といった保障にウエイトが置かれるようになります。

郵便局の60歳からの生命保険を比較してみると、60歳から加入できる、養老保険があります。ただし、80歳までしか保障されません。60歳から70歳に振込みを完了する終身保険もあります。ながいきくんや介護保険金付き終身保険のシルバーがそうです。払い込み期間が短くなるので掛け金は多くなります。

60歳からの生命保険というのは、どうやって比較選択すればよいのでしょう。これはとても難しい問題です。こういった問題に答えるために、保険選びの専門家という人たちが生まれました。保険のファイナンシャルプランナーの人たちです。つまり、保険選びのプロだと言えます。

60歳で会社を退職し、自分の第二の人生を考える人の数は年々増えています。それに伴って、テレビCM、新聞、ラジオ、一般広告などでしきりに、60歳から生命保険を考え比較しましょう。という宣伝文句でテレビCMが流れています。けれども、60歳からの保険は驚くほどたくさんあることを知っておくべきでしょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003