生命保険の基礎知識


生命保険15社無料パンフレット一括請求ic_pikapika.gif

生命保険の保障内容と加入のポイント

生命保険について考えたことはあるでしょうか?生命保険とは、死亡やケガ病気など生活に中で起るかもしれないリスクを回避するための保険です。死亡するまで、または一定の年齢まで設定された金額を支払うことを条件として生命保険の契約を行います。契約者が死亡した場合には、契約者ではなく設定した受取人が保険金を受け取ることになります。

現代の日本における死亡要因の3つは、1位:ガン・2位:心筋梗塞・3位:脳卒中です。生活習慣病がトップ3を占めています。1位のガンはさらに増加傾向です。生命保険においては、これら生活習慣病のトップ3を保障するものもあります。

さて、期間や目的別で、生命保険は3つに分類することができます。それは定期保険(保険期間が決まっているもの)、終身保険(保険期間が生涯まで変わらないもの)、養老保険(貯蓄性の高いもの)です。この3つだけでは保障内容としては不足するため、不足する保障部分を特約オプションとして介護保険特約、医療特約、リビングニーズ特約など別途オプション契約することがあり生命保険商品の差別化を図っています。

これから生命保険に加入するときのポイントは、生活設計と保険の関係をしっかり把握することが大切です。生命保険に加入の目的を把握することで余分な保険に入らないことができます。また保険料が家計を逼迫させては困ります。家計の中に保険料がどれだけ占めるのか?割合を明確にしてから選ぶようにしましょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

生命保険は満期時に満期保険金が支払われる

生命保険は満期時に満期保険金が支払われるものと、そうでないものに分けられます。満期保険金が返ってくるものは養老保険です。返ってこないものは定期保険です。どちらも死亡保障がついていますが、保険をかける目的によって使い分けるといいでしょう。養老保険は満期金がもらえますが、積立と同じなので保障額は小さいです。定期保険は死亡保障に重点を置いているので、養老保険と比べて高額な死亡保障が可能ですが、満期時保険金はもらえません。

保険金はできれば満期金で受取りたいですね。しかし万が一死亡や高度障害状態になった場合は保険金が支払われますが、このタイプを死亡保障型といいます。一方、生存中に保険金の一部が受取れ、保障は継続されるものがあります。それが生存保障型というものです。よくあるのが加入して5年目、10年目などで給付金がもらえるものです。代表的なものでは年金保険や学資保険があります。

生命保険の種類でいくと、国内生保の売上の主流は伝統的な養老・定期・終身保険です。外資系はガン保険や医療保険といった保障の内容を限定した保険となっています。しかし、最近では保険を売るチャネルが損保や銀行窓口などに広がり、つれて商品の種類も増えてきました。保険に加入するときは国内生保とか外資とかで選択するのではなく、保障の中味で選択しましょう。

実際の生命保険は生命保険会社の数だけありますので、その中から最適な保険を選ぶのはほとんど無理です。たとえ選べたとしても1種類の保険だけではカバーできない場合もあります。その場合は複数の保険に加入することも検討しましょう。例えば死亡保障は大型にしたいが、特約は別立てで計画したい、という場合などは、定期保険+医療保険などのセットがお勧めです。こうしたセットは掛け捨てタイプが多いので、保険料も安く、保険期間も自由に設計できるので、従来の日本の生保の商品のような一度加入したら他の商品に変更が難しい、といった弊害も避けることができます。そんな情報を生保レディに教えてもらい、自分で設計しましょう。生保の営業はあなたの命の保障まではしてくれません。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

edit

cms agent template0039/0040 ver1.003