生命保険の保障内容と加入のポイント


生命保険15社無料パンフレット一括請求ic_pikapika.gif

生命保険について考えたことはあるでしょうか?生命保険とは、死亡やケガ病気など生活に中で起るかもしれないリスクを回避するための保険です。死亡するまで、または一定の年齢まで設定された金額を支払うことを条件として生命保険の契約を行います。契約者が死亡した場合には、契約者ではなく設定した受取人が保険金を受け取ることになります。

現代の日本における死亡要因の3つは、1位:ガン・2位:心筋梗塞・3位:脳卒中です。生活習慣病がトップ3を占めています。1位のガンはさらに増加傾向です。生命保険においては、これら生活習慣病のトップ3を保障するものもあります。

さて、期間や目的別で、生命保険は3つに分類することができます。それは定期保険(保険期間が決まっているもの)、終身保険(保険期間が生涯まで変わらないもの)、養老保険(貯蓄性の高いもの)です。この3つだけでは保障内容としては不足するため、不足する保障部分を特約オプションとして介護保険特約、医療特約、リビングニーズ特約など別途オプション契約することがあり生命保険商品の差別化を図っています。

これから生命保険に加入するときのポイントは、生活設計と保険の関係をしっかり把握することが大切です。生命保険に加入の目的を把握することで余分な保険に入らないことができます。また保険料が家計を逼迫させては困ります。家計の中に保険料がどれだけ占めるのか?割合を明確にしてから選ぶようにしましょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003